読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

for now and Forever

小瀧くんとか康二くんとかしげあきさんとか竜也さんとか

2016/5/1 @東京ドームラストの竜也さん。

KAT-TUN
10ks!東京ドームオーラス5/1、
竜也さんの備忘録。

GOLDの竜也さん「お前ら準備は出来てるかー!俺たちの船に乗る準備は出来てるのかー!野郎ども、最後の出航だー!」

MCの竜也さん「俺ら攻撃力高いけど防御力0だから」

チェンユア「迎えにきたぜ」

最後の挨拶の竜也さん「みなさん今日は本当にありがとうございました。めちゃくちゃ楽しかったです。この10周年という記念に、こんなに楽しいライブができるとは、本当にうれしいです。ありがとうございます。KAT-TUNという船が動きはじめて、デビューしてから10年いろんなことがあったと思います。きっと楽しいことだけじゃなくて、悲しい思いもさせてしまったと思います。船が進んでいる最中で、メンバーが降りてしまったこともあります。そしてそれに続いて、ファンの方も降りていってしまったんじゃないかなっていうふうに、僕は思っています。それでもこの10周年という記念の日に、この東京ドームという場所でこれだけの、たくさんの方々がKAT-TUNを応援しに来てくれてるということが、俺たちKAT-TUNはとてもうれしく思っています。本当にありがとうございます。
このライブが終わった瞬間から、KAT-TUNとしては充電期間に入ります。グループとしては充電期間に入りますが、個々それぞれ何ができるかしっかりと探して、成長するために戦い続けます。だから皆さんも、一緒に戦ってください。他のメンバーがテレビに出たりして頑張ってる時は俺のファンも応援してください。その逆もしかりで、本当にKAT-TUNというグループを愛しているからこそ、一体となって一緒に、この充電期間も戦っていけたらと思います。よろしくお願いします。

先日夜会という番組で、ファンの方々がライブ終わりに涙を流しながら「ついていく」とおっしゃってくれている場面が放送されました。もちろん、すごくうれしかったんですが、できればファンの方々には笑っていてほしいです。だからそのためにも自分たちがしっかりと成長し、もっともっと人を魅了できるように、たくさんの人を笑顔にできるようになって、必ず戻ってきたいと思います。だから皆さんこれからも応援よろしくお願いします。そしてまた、大きくなって戻ってきたときに、たくさん笑いましょう。今日はありがとうございました。」


「俺はお前らとKAT-TUNが大好きだー!」

「有言実行な、絶対でかくなって戻ってくるから」